8月11日の新聞報道について(意思決定支援神戸プロジェクト)

2019年08月11日

8月11日、当院院長らが、神戸市医師会 未来医療検討委員会で取り組んでいる「意思決定支援神戸プロジェクト」に関する記事が神戸新聞の1面で報道されました。

このプロジェクトは神戸医療圏におけるACP(アドバンスケアプラニング)推進に関して1年以上前から議論を重ねてまいりました。神戸市内の医療・介護のフロントランナー 31機関/団体、計216名に及ぶインタビュー調査を基に、現状の課題を抽出し、委員会で議論を重ね、プロジェクト提案事項をまとめて、9月にも正式な形で神戸市へ提案される予定です。

今回は救急搬送に関する内容が主に報道されましたが、神戸市医師会の提案内容には ①救急時情報共有ツール ②認知症者へのACPサポートシステム構築 ③市民啓発 といった3つの柱から成る事業内容が盛り込まれる予定です。

この記事の内容に関する事項や、「意思決定支援神戸プロジェクト」に関するお問合わせは当院ではなく、一般社団法人 神戸市医師会 までお願いいたします。

 

延命意思を事前データ化 QRコードで確認検討 神戸新聞NEXT