交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭ってしまったら

  • 事故の相手の情報を収集する。(氏名・連絡先・住所・ナンバー・保険会社等)
  • 警察に連絡し、交通事故証明等を発行してもらう。(重篤なケガの場合はそちらが優先)
  • 保険会社に連絡して事故の状況を報告する。ケガがあれば医療機関にかかることを伝える。
  • 自動車の損傷場所や事故現場を写真に撮っておいたり、目撃者の連絡先を聞いておく。
  • 医療機関を受診しましょう。症状がない、もしくは軽度であっても後日症状が出現したり、増強することがあります。また、事故後受診までに間が空いてしまうと事故との関連がないと見なされることがありますので、早めの受診をお勧めいたします。

交通事故治療の流れ

  • 保険会社に連絡

    保険会社に「中神クリニック」へ受診する旨を伝えていただくと保険会社から当院へ連絡が来ます。
    連絡があった時点から、当院での治療費は保険会社が負担することになり患者さんの支払いは原則無料です。但し、連絡があるまでは患者さんの全額自己負担で、連絡があれば、後日返金させていただきます。(患者さんの過失割合の大きい場合は自己負担額が発生することもあります。)

  • 来院

    当院へ来院していただき、交通事故で受診する旨を受付にお伝えください。問診票を記入していただきます。

  • 検査

    医師による診察、X線等による検査を行います。

  • 治療開始

    治療方針を決定し、治療開始です。必要に応じて、処置、投薬、リハビリテーション等で加療させていただきます。

当院の交通事故治療

当院ではまず、骨折や脱臼、神経損傷等の有無を診察や、X線検査等で確認し慎重に診断いたします。症状に応じて投薬や注射、リハビリテーションによって治療を行い、慢性化や難治例に対しては理学療法士やあん摩・マッサージ師による徒手的なリハビリテーションも検討いたします。CTやMRI等さらなる精査が必要な場合は当院から責任を持って紹介や、検査予約をさせていただきます。また、残念ながら後遺症が残ってしまった場合も当院にて後遺症診断書等を発行させていただきます。注意していただきたいことは、接骨院などの医師がいない施設ではX線検査や投薬治療、後遺症診断ができませんのでご注意下さい。

交通事故後の「むち打ち症」について

交通事故後の症状でもっとも多いのが、いわゆる「むち打ち症」です。専門的には頸椎捻挫や、外傷性頸部症候群といわれております。追突などの衝撃で首が鞭を打つ時のようにしなり、主に頸部の靭帯や椎間関節といった軟部組織が損傷を受けることによる症状のことです。頸部や肩周囲の痛みやしびれ、頭痛やめまい、ふらつき、耳鳴りといった症状が多いです。長期化、慢性化することも多く、早期の治療開始が重要ですので症状の程度に関わらず、まずは受診することをお勧めいたします。